盗読のレミュナレーション

作者 木船田ヒロマル

55

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

この作品は人間の愚かな内面を描いた作品である。

読み応えのある文章が続き、引き寄せられるように読んでしまった。

絵的な動きは少ない。が、罪を犯す人間の内面をしっかり描いている。
物語を描くのに必要なのはストーリーだが、結局人間が主役なのだから行動の動機を描かなければ薄っぺらくなる。

しっかり人間を描いていて、ひねりも効いていて、とっても楽しかったです!

★★★ Excellent!!!

盗み読みという、ほんの小さな?罪。それだけでも、人の中の何かが死ぬんですね……怖いです。
この作品は、そんな状況に至る青年の心理を緊迫感を持って描写しています。途中にちょっと驚くようなことを混ぜて、ハラハラさせてくれます。
面白いです。
ラストは書けませんが、ちょっと捻りがあります。
果たして、あれで青年は救われたのか、どうか?
私は違うと思いますが、他の方のご意見も聞いてみたい。そんな気持ちになりました。一読をお勧めします。