今宵の空へ鐘はなく

作者 理沙黑

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全254話

更新

  1. 序章
  2. 始まりはいつも暗闇
  3. 第1譚 光と闇の中で
  4. 序章
  5. 暗黒の空へ
  6. 第2章
  7. 化ける魔族Ⅰ
  8. 化ける魔族Ⅱ
  9. 化ける魔族Ⅲ
  10. 化ける魔族Ⅳ
  11. 第3章
  12. 満月が照らすものⅠ
  13. 満月が照らすものⅡ
  14. 満月が照らすものⅢ
  15. 満月が照らすものⅣ
  16. 満月が照らすものⅤ
  17. 満月が照らすものⅥ
  18. 満月が照らすものⅦ
  19. 第4章
  20. 戦士回想Ⅰ
  21. 戦士回想Ⅱ
  22. 戦士回想Ⅲ
  23. 戦士回想Ⅳ
  24. 戦士回想Ⅴ-①
  25. 戦士回想Ⅴ-②
  26. 戦士回想Ⅵ
  27. 第5章
  28. 裏切りの赤い月Ⅰ
  29. 裏切りの赤い月Ⅱ
  30. 裏切りの赤い月Ⅲ
  31. 裏切りの赤い月Ⅳ
  32. 裏切りの赤い月Ⅴ
  33. 裏切りの赤い月Ⅵ
  34. 番外編
  35. クロスエアⅠ
  36. クロスエアⅡ
  37. クロスエアⅢ
  38. 第6章
  39. 追憶――消し去った日々Ⅰ
  40. 追憶――消し去った日々Ⅱ
  41. 追憶――消し去った日々Ⅲ
  42. 追憶――消し去った日々Ⅳ
  43. 追憶――消し去った日々Ⅴ
  44. 追憶――消し去った日々Ⅵ-①
  45. 追憶――消し去った日々Ⅵ‐②
  46. 追憶――消し去った日々Ⅶ
  47. 追憶――消し去った日々Ⅷ
  48. 追憶――消し去った日々Ⅸ
  49. 追憶――消し去った日々Ⅹ‐①
  50. 追憶――消し去った日々Ⅹ‐②
  51. 追憶――消し去った日々Ⅹ‐③
  52. 追憶――消し去った日々Ⅹ‐④
  53. 過去番外編
  54. I repeat, repeat, I remember that I regret that day. Ⅰ
  55. I repeat, repeat, I remember that I regret that day. Ⅱ
  56. I repeat, repeat, I remember that I regret that day. Ⅲ
  57. 第7章
  58. 歯車はいつも噛み合わないⅠ
  59. 歯車はいつも噛み合わないⅡ
  60. 歯車はいつも噛み合わないⅢ
  61. 歯車はいつも噛み合わないⅣ
  62. 歯車はいつも噛み合わないⅤ
  63. 歯車はいつも噛み合わないⅥ‐①
  64. 歯車はいつも噛み合わないⅥ‐②
  65. 歯車はいつも噛み合わないⅦ
  66. 歯車はいつも噛み合わないⅧ
  67. 歯車はいつも噛み合わないⅨ
  68. 歯車はいつも噛み合わないⅩ‐①
  69. 歯車はいつも噛み合わないⅩ‐②
  70. 歯車はいつも噛み合わないⅪ‐①
  71. 歯車はいつも噛み合わないⅪ‐②
  72. 歯車はいつも噛み合わないⅪ‐③
  73. 歯車はいつも噛み合わないⅪ‐④
  74. 歯車はいつも噛み合わないⅫ‐①
  75. 歯車はいつも噛み合わないⅫ‐②
  76. 歯車はいつも噛み合わないⅫ‐③
  77. 歯車はいつも噛み合わないⅫ‐④
  78. 過去番外編
  79. Oh ,you're always a laughing in the dream.Ⅰ
  80. Oh ,you're always a laughing in the dream.Ⅱ
  81. 終章
  82. Toy SymphonyⅠ‐①
  83. Toy SymphonyⅠ‐②
  84. Toy SymphonyⅠ‐③
  85. Toy SymphonyⅡ‐①
  86. Toy SymphonyⅡ‐②
  87. Toy SymphonyⅡ‐③
  88. あとがき
  89. 第二譚 今宵の空へ鐘はなく
  90. 番外編
  91. 僕がこの世で一番嫌いな日にⅠ
  92. 僕がこの世で一番嫌いな日にⅡ
  93. 僕がこの世で一番嫌いな日にⅢ
  94. 僕がこの世で一番嫌いな日にⅣ‐①
  95. 僕がこの世で一番嫌いな日にⅣ‐②
  96. 僕がこの世で一番嫌いな日にⅣ‐③
  97. 僕がこの世で一番嫌いな日にⅤ
  98. 僕がこの世で一番嫌いな日にⅥ
  99. 本編
  100. 序章――二番目の革命者
  101. 執事、ロドルの憂鬱
  102. 愚弄者の建前
  103. 異端者の訪問
  104. 何か嫌な予感がするんです
  105. 本部からの依頼書Ⅰ
  106. 本部からの依頼書Ⅱ
  107. 本部からの依頼書Ⅲ
  108. 皇女様の嫉妬
  109. 人って蹴とばせば飛ぶんですね
  110. 木箱の謎と妖精召喚
  111. 暴走魔術とラブレター
  112. 裏通りの襲撃
  113. 明るすぎる幽霊は昔からの友達
  114. 元浮浪民幽霊と元賭博師悪魔
  115. 英雄王
  116. Thé de sorcièreⅠ
  117. Thé de sorcièreⅡ
  118. Thé de sorcièreⅢ
  119. アンジェリカ
  120. 私が知らない彼の秘密
  121. 魔法使いと魔術師
  122. 魔女のお茶会
  123. 懐かしき、戻れないあの日常
  124. 言える事と言えない事
  125. 蒼の情景
  126. 性格は悪魔Ⅰ
  127. 性格は悪魔Ⅱ
  128. 片翼の天使
  129. 哀しげな日記Ⅰ
  130. 哀しげな日記Ⅱ
  131. 哀しげな日記Ⅲ
  132. 一千年後の貴方へ
  133. 悪魔が来たりて笛を吹く
  134. 番外編
  135. 架の空に誓う
  136. きっと今日は寝られない
  137. きっと今日は眠れない
  138. 本編
  139. 悪魔を祓う悪魔Ⅰ
  140. 悪魔を祓う悪魔Ⅱ
  141. 冷徹な視線の先には何が視えるⅠ
  142. 冷徹な視線の先には何が視えるⅡ
  143. 一千年前の君へ
  144. 貴方の左眼には何が視える
  145. 契約者
  146. 貴族街のお茶会Ⅰ
  147. 貴族街のお茶会Ⅱ
  148. 昔々、とある国の英雄サマは――
  149. 枷と手錠
  150. 一縷の希望
  151. 紅瞳のシニガミⅠ
  152. 紅瞳のシニガミⅡ
  153. 鏡の悪魔Ⅰ
  154. 鏡の悪魔Ⅱ
  155. 永い、永い、夜は明けてⅠ
  156. 永い、永い、夜は明けてⅡ
  157. 永い、永い、夜は明けてⅢ
  158. 戻れないあの場所へ
  159. お嬢様の悪戯
  160. 僕が最期に見たモノ
  161. 天罰は必ず下るとは限らない
  162. 貴族嫌いのエクソシストⅠ
  163. 貴族嫌いのエクソシストⅡ
  164. 追憶と嘘
  165. 名前Ⅰ
  166. 名前Ⅱ
  167. 名前Ⅲ
  168. 十字架と詠唱Ⅰ
  169. 十字架と詠唱Ⅱ
  170. 僕は何も知らない
  171. 番外編
  172. あたりまえの平和がこんなにも愛おしいⅠ
  173. あたりまえの平和がこんなにも愛おしいⅡ
  174. あたりまえの平和がこんなにも愛おしいⅢ
  175. écriture Ⅰ
  176. écriture Ⅱ
  177. écriture Ⅲ
  178. 蒼の彼方
  179. 蒼の此方
  180. 過去編1 名のない少年の夢
  181. 僕が生まれたこの世界で
  182. 親友との再会
  183. 僕の秘密
  184. 視線
  185. 英雄王の繁栄
  186. 策略
  187. 悪夢の買い物
  188. 無邪気ゆえの罪Ⅰ
  189. 無邪気ゆえの罪Ⅱ
  190. 天使が地獄に落ちるまで
  191. 僕の心が折れるまでⅠ
  192. 僕の心が折れるまでⅡ
  193. 僕の心が折れるまでⅢ
  194. 蹂躙Ⅰ
  195. 蹂躙Ⅱ
  196. 操り人形に口はないⅠ
  197. 操り人形に口はないⅡ
  198. 操り人形に口はないⅢ
  199. 操り人形に口はないⅣ
  200. 操り人形に口はないⅤ
  201. 操り人形に口はないⅥ
  202.  
  203. 僕の叶わなかった夢を、君に話そう。Ⅰ
  204. 僕の叶わなかった夢を、君に話そう。Ⅱ
  205. 僕の叶わなかった夢を、君に話そう。Ⅲ
  206. 千年付き添ってくれた親友に感謝を込めて。
  207. 番外編 魔王城の日常
  208. 永遠の男子高校生の日常
  209. 永遠の男子高校生の日常Ⅰ
  210. 永遠の男子高校生の日常Ⅱ
  211. 永遠の男子高校生の日常Ⅲ
  212. 永遠の男子高校生の日常Ⅳ
  213. 永遠の男子高校生の日常Ⅴ
  214. 永遠の男子高校生の日常Ⅵ
  215. 魔王城勤め社畜の有給休暇
  216. 貸出遅延常習犯Ⅰ
  217. 貸出遅延常習犯Ⅱ
  218. 貸出遅延常習犯Ⅲ
  219. 不法入国計画中Ⅰ
  220. 不法入国計画中Ⅱ
  221. 不法入国計画中Ⅲ
  222. 不法入国計画中Ⅳ
  223. 低身長童顔執事Ⅰ
  224. 低身長童顔執事Ⅱ
  225. 低身長童顔執事Ⅲ
  226. 絶品朝食一人前Ⅰ
  227. 絶品朝食一人前Ⅱ
  228. 絶品朝食一人前Ⅲ
  229. 弟作戦軟派野郎
  230. 月光瓶人質黒猫Ⅰ
  231. 月光瓶人質黒猫Ⅱ
  232. 月光瓶人質黒猫Ⅲ
  233. 瓶中黒猫脱出劇Ⅰ
  234. 瓶中黒猫脱出劇Ⅱ
  235. 千年主人使用人
  236. 非偶然特殊体質Ⅰ
  237. 非偶然特殊体質Ⅱ
  238. 夢現黒猫無意識
  239. 何故被呪術黒猫Ⅰ
  240. 何故被呪術黒猫Ⅱ
  241. 未消滅致命死傷Ⅰ
  242. 未消滅致命死傷Ⅱ
  243. 過去未来数百年Ⅰ
  244. 過去未来数百年Ⅱ
  245. 過去未来数百年Ⅲ
  246. 過去未来数百年Ⅳ
  247. 幼馴染親友上司
  248. 過去編2 勿忘草の追憶
  249. 信じた正義は悪か是か
  250. 金貨で売られた僕の人生
  251. 見ないふりをした、僕は――、
  252. 騎士として、親友として Ⅰ
  253. 騎士として、親友として Ⅱ
  254. 騎士として、親友として Ⅲ
  255. 騎士として、親友として Ⅳ
  256. 騎士として、親友として Ⅴ
  257. 誰も彼もが、抱えてる Ⅰ
  258. 誰も彼もが、抱えてる Ⅱ
  259. 誰も彼もが、抱えてる Ⅲ
  260. 誰も彼もが、抱えてる Ⅳ
  261. 番外編
  262. 贈り物
  263. 僕は、人間として見られてない
  264. 「さよなら」
  265. とある黒幕の戯言
  266. A.M. 877年12月31日
  267. 焼け跡の日記
  268. 標的にすべきは白き軍服
  269. 二人のジャック
  270. アルバート、後で八つ裂きにしてやる。忘れるんじゃねぇぞ、絶対に殺してやるからな。
  271. 神様がいないなんて、
  272. 君を守るワケ
  273. 僕の親友だった、英雄王の話
  274. 秘密
  275. 革命記念日
  276. 愛の呪い
  277. 本編
  278. lecture Ⅰ
  279. lecture Ⅱ
  280. lecture Ⅲ