それでも世界は 輝いている

作者 天生 諷

世界は生まれ変わり、人々は新たな力と共に立ち上がる

  • ★★★ Excellent!!!

核や超兵器の数々と、それらを生み出した文明が遠い昔に滅び、代わりに魔法や精霊や御剣と言った新たな力が人類の盾となり剣となった遥か未来の物語。
一度滅びて再生が始まった世界は未だに人々との争いや暗躍が絶えず、しかも魔神機なる兵器の復活も差し迫るという危機的状況。
予言に逆らった主人公に待ち構えているものは一体何なのか? そして彼等は予言の先に待ち構える未来を目にする事が出来るのか?

魔法や自然界に存在する精霊の力を駆使した戦いという点ではファンタジーですが、一方で登場する装備品や兵器はSF要素が鏤められており、ファンタジーよりもSFが好みという方でも楽しんで読めること間違いありません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

黒蛹さんの他のおすすめレビュー 359