どうしても、好きだから。

作者 𠮷田 樹

めちゃ淡い♡ 「好き」の気持ちは、みな平等だよ?

  • ★★★ Excellent!!!

心が洗われるような、初心を思い出すような、はたまた己のヤサグレた心を映し出す鏡……
なんとも興味を惹かれる概要に誘われ、お邪魔いたしました。
とはいえ、吉田 樹先生の著作を拝読させてもらったのは、ぼくのマヌケな偶然からなのです。
作品に「タグ」ありますよね。自身の拙作につけているタグの、「ボーイズラブ」という項目にポインタがかかり、『あれれ~? これクリックできそう?」とか思ってポチッたら、ジャンル別でボーイズラブ作品がバババと出てきたわけです。
おおお―――ッぅ! などと、地味に感動などしました。お恥ずかしい限りでございます。

「すごい! いっぱいあるんだ―――♡」などと、ひとり興奮しながらスクロールしておりましたら、非常に興味を惹かれる文字があるじゃないですか! 思わず飛びついてました。
とはいえ、BL作家さんではないんですね?
ですが。あと1mm……あと1mmなんだ…………なんて、近いようで遠い男同士の距離感を、ほんと座布団五枚! ってシャウトしそうなキラリ光る表現力で、描かれておられます。
淡い♡ 淡すぎる♡ とても清らかさんです♡ 拍手です♡
青春とは、こうあるべきだ―――ッ!!  ありがとうございました!
                                         ―千隼―

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

あおい 千隼さんの他のおすすめレビュー 18