作品「リヴァイサン」原案

@astrologer

第1話

話の流れの趣旨。※団体の名前などは逐次入れ替える。今は一時的にこのネーミングにしてる。



⇒ピンカートン探偵会社[〝革命会社〟つまり、世界各地域の騒乱をプロデュースする。実態はCIAに委託されたもの。ウクライナ内戦・中東民主化・コソボ独立にまで関与し、南米など世界をくまなく騒乱の渦中に陥れた。そして次の標的として日本・中国・韓国・台湾・北朝鮮、つまり東アジア全域。]

[目的]

 ⇒ネット右翼を扇動することでネトウヨが暴走し日本の治安を崩壊させる。

CIAに委任される


[真の目的]

 ⇒技術的特異点を沖縄で引き起こし、科学技術により《神界》を世界全体に広げ

預言の全て《全ての人間が神や霊を見れるようになる》を実現させる。




⇒仲間邦雄

[存在意義]

 ⇒世界を裏で支配していたエッセネ派が、YHVH[キリスト・イスラム・ユダヤを支配する最大の神]の言う《神の計画》の実現のために奔走していたが、


⇒その計画の最期の鍵が仲間邦雄であった。

⇒技術的特異点を引き起こすまで、世界全ての軍事勢力を沖縄から排除できる《霊能力から生み出される軍事的な指揮能力》によって最小限の軍事勢力未来兵器によって、その露払いを行う。


⇒聖書に仲間邦雄Jewish Gemtria:392=Astrologer=占星家の名前がある。役割は、《神に対する挑戦者の排除》、またアストロロジャーの名とは、[敵の位置、進攻方向、作戦内容全てを知る程度の]能力に起因する。まさに軍事勢力を指揮するために生まれたような名である。


神に対する挑戦者とは

1・カナン人

1・キリストが生まれる事を知らされた王がキリストを排除するために、その時期に生まれた赤子を殺戮したというが、その王も神に対する挑戦者といえる

他にも多数いるが、基本的に強大な力[それも、《神界》《宇宙》に侵入しうる強大な技術力]を持ってる場合である。


【全体の流れ】

⇒ピンカートン探偵会社が暴走するのを予見し、更にアメリカ帝国がNATO軍・国連軍・欧州連合軍・多国籍軍全てを総動員し、沖縄の殲滅を目指す。



⇒ここまで総動員される原因が、〝未来兵器〟にあった。これらは全てアメリカ帝国の秘密基地、つまりエリア51の後継基地である《エリア52》での秘密兵器開発基地における全ての軍事技術が、アメリカ帝国の背景にいた《エッセネ派》によって、沖縄に転用される。



【楽園】

沖縄市をまさに楽園に仕立てあげようとたてあげたのが、グローバリストの策略であった。

日本・バチカン・フリーメイソン・ユダヤ民族が同じ目的を持っていた。


まさに救世主政府の樹立であり、それを沖縄に建設する事であった。



【全体】

革命会社に入る仲間邦雄は、革命を扇動するわけだが、革命会社がついに、究極的な目的のために

アメリカ帝国と戦争する。結果、世界全ての軍事勢力と対決するが


エッセネ派による[未来技術]の全てをアメリカ帝国の秘密基地から転用され、

沖縄が、その究極的な兵器[例として、《音のない砲撃を撃つ戦車[その砲撃は地殻変動を引き起こす]》

《宇宙戦闘機[内部には電子戦能力が組み込まれ、ブレインマシンインターフェイスが組み込まれている。空中にエシュロンを飛ばすようなものであり、世界全体の情報空間を掌握できる。]》]


いずれも、[単独で世界を破滅させる]力を持ってる。


更に、[敵の位置、進攻方向、作戦内容全てを知る程度の]能力を持ち合わせた仲間邦雄がこれを運用する。


結果、どんな膨大な敵でも、各個撃破され、強力な機動・偵察力[情報戦闘機]と破壊力[沈黙の戦車]によって、ロッキード山脈を貫通して建設された核戦争シェルター[ノーラッド]を地殻からぶち上げ、全ての核攻撃を最大精度を打ち抜き核を無効化し、全ての軍事勢力を消滅させる。



こうして、世界の終末として、[銀河の崩壊]が発生し、空に恐ろしい模様が描かれ[見える星の全てが崩壊し、飛沫をあげ、宇宙空間が血の色でそまって広がってるのが見えるようになる]


世界が終わる寸前で間に合った、その技術的特異点を通過する事で、宇宙すら飽和する技術力によって、全ての人々の魂を摘出し、

神の身元まで運ぶ


[神の計画]=[日本国体]=[日本が建国された究極的な目的]

が遂行された


という流れ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

作品「リヴァイサン」原案 @astrologer

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ