バンコクキッド~俺はどこにでも行ける~

作者 綾瀬一浩

34

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 日本人を格安で就労させるためにバンコクにコールセンターを設置するという現実に驚かされたが、そんなものは序の口だった。
 途上国の裏の顔と、これにまつわる筆者の経験は、ぬるま湯に浸り跳躍する力を失ったカエルのごときボクたち日本人の心に再び力を授けてくれる。

★★★ Excellent!!!

まるで自分が経験してきたように情景が頭に浮かんできます。
文章がとても読みやすく、誰でも楽しめる作品となっています。
読む前は、どんなものか、と思っていましたが、一度読んでみたら、まだかまだかと続きが気になってしまい、毎日のようにページを開き、更新を楽しみにしております。