星間戦争の片隅で

作者 黒井羊太

60

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

これは剣も銃も使わない静かな戦いに身を投じた男の物語です。

邪悪な独裁者を武力で倒して一発逆転世界が平和になりハッピーエンド……というのはとても魅力的なストーリーですが、実際のところそう簡単にはいきません。

一度戦いが始まれば再び平和が訪れるまで長い時間がかかります。憎しみの連鎖が戦いを泥沼化していくからです。そしてお互いに疲弊し、苦痛と絶望が世界を覆い尽くしたとき、人は最後に何を求めるのか。

それはきっと暖かい食事です。単に栄養補給ということだけでなく、安心して心から楽しむ食事。どれだけ文明が進んでもそれは変わらない真理だということに気づかせてくれる作品でした。

★★★ Excellent!!!

銀河を股にかけた大戦争が起きようとも、その後に勃発した社会の混乱の中でも、再び起き始めた動乱でも、その男が行い続けたのは土を耕し、種を植え、美味しい作物を育てる事。そして……。

腹が減っては戦は出来ぬ、と言う言葉もありますが、他所の生き物からご飯を得る従属栄養生物である以上、それを作り続ける者がいなければやっていけない……そんな生きる上で根幹を成す事実を再確認させてくれる、どこか小気味良い短編作品。
ある意味、この結末は継続が見事な力になった結果なのかもしれないですね……。

★★★ Excellent!!!

一見すると関係のないものに思えるのですが、読み進めていくうちに、ああと胸に落ちるのです。戦争を終わらせるためになにをするのか?圧政を強いる政権打倒に身を投じるのか、悪政をよきものへと内側からアプローチするために情熱を燃やすのか。果たして目に見える解決策で継続的な平和を手に入れられるのか。とても考えさせられる物語。静かに語られるものの中に見える思いを受け取ってみてはいかがでしょう?

★★★ Excellent!!!

 主人公はルソーの有名な言葉“自然に帰れ!”を地で行くような生き方をする男です。
 そんな男の生き方が世界を少しずつ変えていき…。
 現代の文明批判とも解釈できる作品。
 主人公のやったことは偉大な政治家、革命家をも超える偉業なのではないか、と思わせられました。

★★ Very Good!!

 農業時代も不作や戦争はあったのでしょう。しかし、どんなに高度な文明でも、物的資源や人的資源を維持・向上させ、適切に再分配・再投資できる技術や政策がないと、資源枯渇や環境破壊、腐敗・堕落や戦争・犯罪といった自然・社会環境の悪化を招いて、持続できない。ならば農業社会の方が、よほど平和に続いてゆけるのでは?という寓話のように読めました。

★★★ Excellent!!!

遠い宇宙、遥か彼方の銀河系。
帝国と戦うレジスタンスとなれび、胸躍る壮大な物語かと思いきや、一人の農夫が主人公です。

ネタバレになるので割愛いたしますが、読み終えた後、なるほどなと椅子の背もたれに深く身を預けるような気持ちになります。

何が大切なのか、しみじみと思いにふける。そんな物語です。