好きでメンヘラになったわけじゃない

作者 さえないさえこ

48

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

初めは面白く(他人事)読んでいたのですが、途中、作者と一緒に混乱して何かがわからなくなったりしました。
世の中には考えてもダメというか、考えてはダメなこともあるような気もしました。
結局は、自己承認要求とコミュニケーションという二つの問題に帰着するような気がしますが、この二つを純粋に精神的に解決している人というのもいないのではないでしょうか。
ふとしたきっかけで、精神的なバランスを崩すことは誰にでもあるわけです。いや、小さな崩壊ならば、それこそ日常茶飯事でしょう。
他人事でなく、自分の身にも起こりうる(起こっている)こととして読みました。
追記;作中の「顔色うかがいは、相手の機嫌を能動的に「探って」いる。これってどこかで聞いた話だと「優しくしてもらうために自分と他人の感情的な境界線を侵害する行為」らしいですね。だから境界線を踏み越えられた側は気分が悪くなる」などはなるほどと思いました。他にも面白い分析的な記述がありました。

★★★ Excellent!!!

メンヘラ、良く聞く言葉だけど実際にお会いしたことはない。本作を読んで感じたのは、とてつもない寂しさ。それを埋めようと足掻く自身への嘲笑。そして世間の白々しさへ対する怒り。自分でもどうしたらよいのかわからないから、余計に悪循環を繰り返していく。でも冷静に自己の行動を分析し文書に出来る才能はモノカキとして素晴らしい。ぼくにはそれが出来ないから羨ましい。