それは巨大ロボット。

作者 いも男爵