誰がケーキを食べたのか?

黄黒真直

誰がケーキを食べたのか?

 楽しみにしていたのに。

 冷蔵庫の扉を開けた私は、そのまま硬直していた。入れてあったはずの私のケーキが、何者かに食べられ、なくなっていた。

 いったい誰が食べたのか。そんなもの、妹に決まっている。うちの家族で、一度に二個も食べるような食欲があるのは、私を除けば妹しかいない。

 いやいや、いかんいかん。私は頭を振った。

 私はパズルとミステリを愛する文学少女だ。そんな状況証拠だけで妹を犯人と見なしてはいけない。物的証拠か、せめて論理的証拠をつかまなくては、私のプライドが許さない。

 容疑者は三人、父と、母と、妹だ。

 私はまず、妹の部屋に突撃し、詰問した。

「あのケーキなら、さっきお母さんが食べてたよ」

 と、妹は答えた。

「本当でしょうね?」

「本当本当」

 ひとまず信じてやろう。

 次に私は、リビングで母に詰め寄った。

「私じゃなくて、お父さんよ」

「お父さんがケーキなんて食べる?」

「そういうときもあるわよ」

 そんなときがあるとは思えなかったが、私は念のため、父にも確認した。

「俺が食べるわけないだろう」

「うん、だよね」

「じゃあなんで聞いたんだ」

「パズルを完成させるため、かな」

「は?」

 父の部屋を辞した私は、廊下で腕組みをして、ほくそ笑んだ。

 パズルとミステリをこよなく愛する天才美少女の私は、三人の短い証言から、犯人を導き出せることに気が付いたのだ。

 前提を確認しよう。容疑者は三人で、犯人は一人。犯人は嘘をつき、他の二人は真実を話していると考えられる。

 仮に、父が犯人だとしよう。すると、妹の発言(お母さんが食べた)と矛盾する。つまり、父は犯人ではない。

 次に妹が犯人だとすると、今度は母の発言(お父さんが食べた)と矛盾する。よって妹も犯人ではない。

 最後に母が犯人だと仮定しよう。すると妹の発言とも、父の発言とも、一切矛盾しない。

「つまり、犯人はお母さん! あなただ!」

「あら、ばれちゃったわね」と母は微笑み、続けた。「でもね、世の中には真実を話す犯人もいるのよ。ね?」

 いつの間にかリビングに来ていた妹に、母が視線を投げた。

 私は不意に気が付いた。妹は「母が食べた」とは言ったが「自分は食べてない」とは言っていない。嘘つきは一人だけだったが、犯人は二人いたのだ。

 脱兎のごとく駆け出した妹を、私は獅子のように追いかけた。あのやろう、母を売って自分は助かる気でいやがった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

誰がケーキを食べたのか? 黄黒真直 @kiguro

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画