エトワールは逃げられない

作者 佐久良 明兎

39

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

前世とか運命とか、恋愛ファンタジーに欠かせないスパイスは多いけれど。

スパイスの効いた恋に飢えている方は是非手にしてほしい。
この物語、本当はもっともっと壮大なファンタジアだ。まだプロローグに過ぎない。
だけどきっと、ときめくから。

短い中に凝縮された、今世の苦悩と、前世と因縁を知って、
飛び出していく二人に胸を躍らせて、どうか幸せになりますように、と願うことを避けられないから。

――で、一緒に叫ぼう?
「続きはどこですか!?!?!?!?」

★★ Very Good!!

作者も絶対、前世の記憶を持ってるだろう、と思わず確信。
リアルな描写で、思わず感情移入してしまう。

イタリアが舞台。。。

時空を超えて、何度も引き合い出会う、敵同士のふたりがドラマティック。

ひっそり本棚の目立たないところに隠して、誰もいない時に読みたい。

ちなみに、殺される時は痛くも怖くもない。
むしろすごい”幸福感”に包まれる。これ本当。

★★ Very Good!!

冒頭から実にハラハラさせられ、やがて少しずつ喜びが高まる。

宝物。

追うものは、追われるもの。
追われるものは、待つもの。

流れるような筆致で二人の交流が描かれ、クライマックスを迎える。

一万文字の制限の中で、これだけ描ききるのは大変なこと。

お疲れさまでした。

そして、続編を希望いたしておりますm(_ _)m