とにかく大いに笑わせていただきました

 とりあえず、本作が小説かどうかはそちらの棚にでも置いておきましょう。ハイ、それで良いです。

 その後、今までアナタの読んだことのあるありったけのテンプレファンタジーものを思い出します。

 以上の前準備がお済みの方は、奮ってこちらの作品をお読みください。
 きっと声出して笑えます。これはそういう作品です。そして、それが良いのです。


 恐らく、ネタはまだまだ沢山出てくるはず。私としてはいくらでも受け止める準備が完了しております。ぜひ、続きを更新して頂きたい!


 お読みいただいた皆様。もしすこしでもクスリときたならば、作者様の別作品にもお目を通すと宜しいですよ?
 きっとしばらく笑えるお話であることは、間違いないですから。