パーフェクトワールド

作者 大澤めぐみ

103

40人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

完全無欠カップルのズンズンといっくんが別れた。
それは「私」のせいで、
好きだった世界が壊れてしまって、
壊したのはほかならぬ「私」で、
いろいろイヤでじたばたして、
そしたら、自分の本心に気付いてしまった。

わちゃわちゃした、女の子らしい語り口に引き込まれた。
青春の色濃い作品って、やっぱり、すごく好き。

★★★ Excellent!!!

女子高生のぐちゃぐちゃな頭ん中を、すごく生き生きと描写してる。
スクロールバーを見て「あ、結構長い作品なのかぁ」と読み始めたのを少し後悔したのだけど、ぐんぐん引き込まれてしまって、ぐわって読んでしまった。風景描写も心理描写も、うまいなぁうまいなぁって唸りながら読みました。キャラが生きてました。生きた人間がきちんとこの作品の中にいました。
すごいです。
面白かったです。

★★★ Excellent!!!

主人公の「むっちゃん」が、美しく完璧な親友「ずんずん」に彼氏と別れたら、と軽々しく言ったことで本当に二人が別れてしまった、そんなエピソードから始まるこの物語。むっちゃんがずんずんに潜在的に抱いていた劣等感、かわりゆく高校生の少女たちの姿、どれも清々しくキラキラと描かれています。
おすすめの一作です!

★★★ Excellent!!!

なんというか、この小説自体は文章なんだけど、後に残った感情を上手く表現できない。

キラキラしてるな、青春だなーとは言えるけど、もちろんそれだけじゃないというか…

あまり言葉で語れないけど「いいな」ってなる感じ。美味しい桜餅みたいな。

なんで美味しいのかとか、どう美味しいのかとか、どんなもので出来てるのかとか、

あまりそういう言葉が出て来ない。ああ美味しかったな、としみじみ思う感じ。

読んで良かったです。

★★ Very Good!!

ネタバレを含みます。


むっちゃんがいっくんにズンズンの新しい彼氏の話をしちゃって軽く怒られるところがめっちゃキツい。わかる。めっちゃわかる。ある。
思春期の頃ってどうしてそんなことしちゃったんだろう?みたいなことが本当に無数にあって多分変な病気にかかってるんだと思うけど平気で人の神経を逆なでして怒られて初めてそれに気づいたりする、そういう混乱とイタさみたいなのがさらっとガチッと描写されていて、ああ〜〜青春だな、こりゃ〜〜キラキラですわ〜〜と思いながら読みました。

どうして青春は案外嫉妬や羨望やそういうネトネトした湿気にまつわる思い出の方がよく考えたら多くて実際思い出すとアイタタタ〜〜なのに、キラキラしていることになっているのかというと、影ができるということは光があったからなんだろうなと青春のキラキラについて30分ほど考えてしまった。

その辺がむちゃくちゃリアルなおはなしだったのでちょっと苦いものを感じつつスッキリ読みました。
自分は舞台袖の人間だと思いながら、そうでない同級生へ願望を投影するの、愚かで愛おしい。ウーンキラキラ〜〜