ぴゅっぴゅさん

作者 @SPmodeman

163

71人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

てっきりこう上げて上げてから最後の一行で落としてくるのかと思いきや特別なオチもなく平和に終わってしまう始末で逆にびっくりした。というかオチに警戒し過ぎて本文に集中できなかった。

ということで安心して二周目。
ふぅ…

★★ Very Good!!

飴と鞭って大事と思うんですよ。
この小説、飴しかないんですよね。
こんなね、甘さだけで勝負しようとするなんて甘いんですよ。
本当あまちゃんですわ。社会の厳しさもっと味わった方がいい。
こんなぴゅっぴゅ通用するの私くらいのものですよ。
皆さんは、成熟したビジネスパーソンなんですから、惑わされちゃいかんですよ。
太平記でも読んでね、もっと佐○優みたいにならんと。 うっ。
私くらいのもんですよ、今時ぴゅっぴゅしたいなんて酔狂な奴は。
ふぅ……
もう一回読みますか。

★★ Very Good!!

これを書ききった作者様はいったいどんな気持ちでこれを書いたのでしょうか。そう考えると軽快な文章に垣間見える闇がありそうな気がしないでもないです。
はじめ読んだ時は何じゃこりゃあ、です。
スクロールする度に私の脳内が犯されていくようでした。
でもそれでもスクロールは止まりません。
そして読みきった時私はこう思うのです。
ぴゅっぴゅ♡ぴゅっぴゅ♡
やられちゃった♡

★★★ Excellent!!!

このさくひんはすばらしいです。
このさくひんのぶんしょうをよんだあとに
ぼくはどうじんしをよんで
ぴゅっぴゅ♡ しました。
ぴゅっぴゅ♡ なきぶんになりました。
でも、ぴゅっぴゅ♡ したら、
なにやってるんだろぼく……ってなりました。

でもぼくは ぴゅっぴゅ♡ します。

★★★ Excellent!!!

読むのではなく感じる。声も息遣いも、これまで生きてきて耳が覚えた記憶をすべて掘り起こし、適切な光景を思い浮かべればそこに桃源郷が広がっている。