はじめて僕が死んだ夜

作者 ペイザンヌ

91

38人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

生と死をめぐる物語である。
多くを語るとネタバレになるため、避けることにするが、物語の終わり、主人公が生と死について考え、過ぎ去った時間と過去の関係に思いを馳せるとき、じんわりと切ない思いが胸に去来する。

間違いない名作である。

強いて言うなら、この物語はもっと多くを語ろうと思えば、語れるはずだ。もう少し、色々な「人生」が見たかったという思いも少しあるのだ。

★★★ Excellent!!!

何度も生と死を繰り返して、そうして自分の生き方を考える僕。

それは限られた生涯と同じなのではないかと思えた。

生死とは、痛みを伴い、何かを時に斬り捨てながら自ら選ぶもの。
だけど生が一度きりの人間には、それに気付くのがなかなかに難しい。気付けない人もいるし、気付いても変われない人もいる。


人生って、短い。だから、大切。
それを彼に教えてもらいました。

短い文章の中にぐっと物語が詰まっていて、読みやすさと伝わり易さが見習いたいなと思いました。