『イシャータの受難』

作者 ペイザンヌ

104

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まだ読み始だけど、読みやすい。

子供でも読みやすい印象だけど、
飼い猫だったイシャータが
捨てられ野良になった時。

絶望に浸らず切り替えて生きて行く姿に
逞しさと強さを感じました。

こんな女になりたいもんだと
人間の大人は思いました。

登場するキャラクターが今の所多いが、
特徴を織り込んだ流れなので
難なく入りやすい。

★★★ Excellent!!!

飼い猫として大切に育てられたイシャータは、ある日突然そんな人間に捨てられる。野良猫として生きる決意をした彼女の前に、同じように捨てられたのだろう子猫の佐藤が現れともに成長していく。イシャータは野良猫として仲間たちのなかで存在感を増していき、一方で佐藤も強くて頼もしい雄猫へと成長していく。
猫たちの社会を猫たちの目線で描いた猫たちの物語。
けれどそのエピソードのひとつひとつが人間社会と通じる話でもある。単なるお伽話ではなく、人生訓を含んだ骨太のドラマ。

★★★ Excellent!!!

各章とも軽いテンポで始まって、
非常に読みやすく感じました。

個性豊かなキャラクターたちそれぞれにピントを絞って書かれている部分はしつこ過ぎず、
どれも表情豊かだと思いました。

個人的には佐藤が可愛くて好きですが、
イシャータもヴァン=ブランも好きです。
皆真っ直ぐで、でも人間らしい…と言ったら変ですが、
人っぽさに馴染みやすさも感じました。

また、キャラが立つので
絵付きで読みたいなぁと思いました。

かわいい物語をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

猫の世界に厳然と存在するという、「飼い猫」と「野良猫」の格差。

それを描くことから、この物語は始まります。

しかし、作者の説明文にあるように
本作は「猫視線」で語る方法を採用していながら、
あくまで「猫」ではなく「人間」の物語。

会話文がかなり少なめで、延々と続く地の文では
作者と同じ名前の猫・ペイザンヌが語り部となり、
洞察的かつ示唆的な描写が続けられます。

これが、深い。実に濃厚かつ芳醇なコトバの波状攻撃で
思わず「うんうん」と唸ったり、ニヤリとさせられたり……
「お見事!」と膝を打ちました。

ほんの少しだけ引用すると――

わたしはいつもの日課で電車を見ようと駅まで散歩をしていた。
なぜか電車を見るとワクワクするのだ。
人間たちが毎朝毎朝あんなに並んでまで乗りたがる電車というものは
さぞかし楽しいものなのだろう。いつかわたしも乗ってみたいものだ。

(引用ここまで)

という具合で、サラッと読み飛ばしそうな軽い部分にも
深い意味が隠れた文章が仕込んであります。

さらに、ある文字が順に消えていく演出が登場したときには
「これはうまい!」と身を乗り出しました。

とはいえ、実をいうと……
3人称多視点と神視点が行き来するような書き方に
ほんの少しだけ「?」と感じさせられはしました。
でも、それはのちに納得できる帰結が用意されていたし
細かいことはどうでもいい、と思えます。

本作は漫画原作小説コンテスト出品作であり、
まだ未完で、およそ3分の1程度(?)の進行状況ではあります。

が……

これはもう、一刻も早く本にして出版してほしいぐらいに
完成度の高い、見事な文学です。

連載中ですが、文句なしに★★★を差し上げて絶賛します。

★★★ Excellent!!!

 ある日突然野良猫に身をやつしたシャム猫のイシャータ。
 彼女が住む世界は変貌を遂げ彼女自身も変わらざるを得なくなる。
 食べ物確保に始まり、縄張り、上下関係。さまざまな出会いと別れを通して彼女は成長していく。その先に訪れるものとは――――

 語り部の猫ペイザンヌがお送りする視点25cmのファンタジーに注目!!

★★★ Excellent!!!

 もしこれからあなたがこの物語に触れるのだとれば、まずこの物語の取っつきやすさに思わずページをすすめ、物語を動かしていく猫達の魅力に心を和ませながら、やがて彼らの行動に夢中になっていくことだろう。
 周到に用意された伏線と丁寧に選ばれた物語を紡ぐ言葉によって描かれるのは、猫社会の格差、差別、恋愛、仲間、友情、敵対、嫉妬、決して楽ではない世界で、明日へ向かい懸命に生きる姿。
 悲しみがあり、笑いがあり、怒りがあり、愛がある。物語の中で彼らは確かに生きている。
 上等な座席に飲み物と軽食をそばに置き、映画を見るようにこの小説を読んでほしい。この物語に触れている間、あなたが素敵な時間を過ごせることを約束してもいい。
 あなたはこの時間の中で、猫達を通して身近にいる人物を想い浮かべることになるかもしれない。いや、あなた自身が、登場する猫に自分を重ねるかもしれない。
 そこからは何が見えるのか?
 ぜひ、あなた自身の目で確かめてほしいと思う。

★★★ Excellent!!!

猫の話……童話?とか思ったら大間違い!
誇り高いシャム猫のイシャータは突然野良猫として生きていくことになる。自分がやっと生きられるかという時に瀕死の子猫・佐藤を拾う優しさも彼女の魅力。
無邪気で小憎たらしい佐藤も、そして──なにより、ヴァン・ブランはクールで格好良い!!
たくさんの猫達の意地と葛藤が織りなすヒューマンドラマに手に汗握ること間違いないのです!!