消え入りそうなほとに美しくて

狐の嫁入りをテーマに、本当に美しい文章が彩ります。淡々とした表現は、侘び寂びを感じさせながら、もう会えない青春の一ページを思わず振り返りたくなるのが、また不思議で。

切ないけれど、でも孤独感だけではなくて。そんな不思議な読後感が何とも言えませんでした。

その他のおすすめレビュー

尾岡れきさんの他のおすすめレビュー1,704