スーパージャガイモファンタジー ジャガイモ以外全部絶滅

作者 枕目

468

174人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

どうしようもない下ネタの数々の裏に秘められたモチーフ群。異世界というフィールドで描かれる多様な価値観への理解。ジャガイモというオブジェクトを通じた多次元の認識。そんなテーマ群を「ソフィーの世界」の後半のようなテンションで取り扱う。
でもやっぱりどうしようもない下ネタの数々と*への固執が「そんなの深読みのしすぎだ」と私を考え直させようとする。思考的ウロボロスになれる逸品です。

★★★ Excellent!!!

頭が悪くて読みやすく面白い文章、
現実的で合理的で殺伐とした世界観、
全体的にパラメーター配分と性格特性が
ブッ壊れたキャラクターたち、
風が語りかけます。うまい、うますぎる。

特にお気に入りのキャラはアイシャです。
物語全体を通して地獄のようなパンチを
脳髄に叩き込み続けて下さいました。

あとシンさんは癒やしですよね。

★★★ Excellent!!!

のっけっからハードモードで展開する異世界ファンタジーは多々あれどダクトテープでジャガイモを身体に巻きつけるのはちょっと見たことがないので面白そうな予感がする。
全体的に流れる妙に現実的でありながらコミカルな雰囲気も読みやすく好印象。

まだメインキャラを処理する段階であり中心に位置するだろうジャガイモの秘密などはわからないのでこれからの展開に期待。それと白衣のショタってやっぱりいいよね。

★★★ Excellent!!!

でもそれでいんですね。
いやいいかっていうと話は別ですが。読み手としてはいいわけです。無限に周回しててくれ〜!

具体的に内容に触れますと、いわゆる異世界転生もの、に詳しいわけではないのですが、おそらくそういうものに含まれるなんというか都合良さを排除し、それでもなんとか気合いで都合良く、「おれ」が異世界でなんとか生き延びていく話です。サバイブするのにある「異能」は誰にはばかることなく人に頼りまくる、それだけ。でも「おれ」は充分に魅力的だし、(読み手としての)俺もここに行きたい、そんでこいつらと仲良くきゃっきゃしてたい、と思わせる空気感があります。

面白きところは、ファンタジーもののある種のお約束を合理的に解釈していくところ、異文化の構築、異文化を教化せず、ただそれに蹂躙されていく有様を楽しむ、そんな感じですね。俺はこういうの死ぬほど好きなので面白かったです。

内容は実は結構ハードなのに、それを感じさせない楽しい文章が良いと思います。解き明かされてない謎は結構あり、結構あるっていうかほぼ全てなので、次週も楽しみですね。

★★ Very Good!!

出だしは、「異世界転移」に憧れる少年という、まあ昨今ありきたりのパターン。と、思いきや、なぜか突如出現したコボルト美少女の指示でジャガイモを体中に装着して、異世界へ。そこで解体の危機。。。。

これは、なかなか珍しいパターン。はてさて、この後はどんな展開が待っているのか? タイトルにあるのだから、やはりジャガイモがkeyワードになるのか。ジャガイモ以外全部絶滅したら、主人公も死んでしまうのか。もしやジャガイモ転生なのか。。。ワクワクします。

★★★ Excellent!!!

ファンタジー世界と言っても世界は世界ですから、やっぱりそこには環境とか歴史とか文明とか人種とか色々積み重ねてきたものがあるわけで、そこにいきなり放り込まれたらまあ、諸々の軋轢にすり潰されるのが当たり前ですよね。軋轢って字面が物騒ですよね。