こんばんわ。明日からついに平日が復活しますね。

登場人物もすこし増えたので、ちょっとだけまとめておきます。



ルーク・タイルフォン
ハーネスト王国 竜騎士団 第一部隊隊長
空色の髪と瞳が印象的な小柄な少年。
剣の腕はからっきし、体力も人並以下だが、卓越した魔術は、他の追随を許さないほど。
セインを心から慕っており、気弱だが、いざとなれば勇気を奮って戦える強さを秘めている。


イグナティウス・ファルツ
ハーネスト王国 竜騎士団 特務局局長
だらしない風貌に反して、ハーネスト屈指の頭脳を誇る英才。
考え事をする際、ぼさぼさの黒髪を掻きむしりながら、歩き回る癖がある。
何事にもとらわれず、柔軟な思考を持っている。
特技は部屋をごみ屋敷にすること。
心配した部下が、現在奥さんを募集中。


グレゴリー・ド・ナタナエル
ハーネスト王国 竜騎士団 特務局副長
数々の浮名を流した皮肉屋の伊達男。
風体を気にしないイグナティウスとは対照的に、頭からつま先まで、身だしなみは欠かさない。



アルノー・ド・グィノット
ハーネスト王国 国務大臣
白髪を品よくまとめた老紳士。国内屈指の大貴族の出で、声望は高い。
強きハーネストを誇りに思っており、平和主義に傾倒しすぎているセインとは、たびたび衝突を繰り返す。


ギルバート・オルドビス
ハーネスト王国 法務大臣
長躯を誇る黒髪の法の番人。アルノーと結託して、開戦論を煽る貴族の中核。
正義を盲信しており、何事も杓子定規にとらえがちな人物。