しかしながら、いわゆる「第一部・完」というやつでございまして。
ここで終わっても、続いても良い形態になっています。
元々大昔に書いてた部分は、第三部までは確実にあったので、私の心が折れなければ続くと思います。
お読みいただいた方、貴重なお時間をありがとうございました。

穴掘りに戻ります。