「サマータイム・ザ・スイムウェア!」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054890367374

ちょこちょこと短編を書いている成井ですが、この度、渾身の青春短編をリリースしました〜。

大澤めぐみ先生主催の「第十回本物川小説大賞」
https://kakuyomu.jp/user_events/1177354054890042818
に出すために何かエモい短編を書きたいと頭を捻っていた結果、かなり難度の高い、題材が降ってきました……。
「これを俺は書ききれるのだろうか?」と一瞬悩みましたが、ここはイクしかないっ!


今度は青春水着短編です(おい)。


昨年秋にリリースしてご高評をいただきました青春パンツ短編「君のパンツを食べたい」の水沢少年に再登場いただきました。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887470895


個人的には着想を破綻なく形にするためにパンツ短編以上に神経を使った短編になります。まぁ、雰囲気的には、パンツの時のノリに近いですが~。
前回は「君のパンツを食べたい」というタイトルのパンチがあり、頂いたフレーズでパンチを撃ち抜いた感じがありますが、ある意味、二作目? となると、それはそれは、実力が試されるというものです。

自らの変態制御能力・変態創造力が試される短編でした。

是非、ご一読賜われれば幸いです。

さぁ、「水沢くん」を、もう一度!