良く、日本人は、韓国や韓人に興味がないとか、どうでもいい国とか言う。それは、オールドメディアが、今までそう仕組んできたからだろう。隣の国を普通なら無視するはずがない。オールドメディアの後ろにいる奴は、日本人に、韓国への興味を持ってもらいたくない理由があった。それが「敗戦利権」だ。
 現在、敗戦利権から目をそらせる必要がなくなりつつある。彼の国は、やっと、日本に目を向けてもらえるようになった。最悪の形で。
 日韓とも国策で、このような状態までしてしまった。歴史の教科書を見ればわかる。日本は、わざと韓国の嘘に、付き合っていた。そこまでしなくてはいけない、うまみが、敗戦利権にあった。しかし、その必要性が消失しつつある。
 どうやら、この歪んだ状態から、先に目を覚ますのは日本の様だ。
 韓国とのわだかまりは、国策のゆがみなので、国策で、なおしていくしかない。朝鮮戦争勃発辺りからだから、70年分とか、どれだけ歪んだんだ。敗戦や、戦後復興のゆがみの付けは、戦争時の孫世代以後が支払うことになった。
 優遇解除を始めただけであの慌てよう。韓国にとって、日本に対する国策は、国民にとって、高い代償になりそうだ。それは日本も同じだ。うかうかしていると、生き目を抜くようなことをされかねない。しばらく目が離せない国になった。