上田城跡公園内にある上田市立博物館で、上田城跡の調査報告書的な物を入手いたしました。(ふつーに販売されている冊子です)

それに掲載されている古図を見ると、真田昌幸公時代の上田城には西虎口がなかったように書かれておりました。

そしてどうやら、北側の街道筋へ通じる出入り口があったようです。

と、いうわけで、2話目にあった
「上田城が本格的にできあがったら信幸兄上が住むことになるだろう場所は、東側の大手門の近辺か、西の小泉曲輪あたり」
といった意味合いの記述を、
「東の大手門の近辺か、北の街道のあたり」
という感じに変更しました。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054884478627/episodes/1177354054884478678