こちらの近況ノートでも呼びかけをしておりましたTwitterアンケートが終了しました。
ショートストーリー集『砂とピアスの降る庭』
https://kakuyomu.jp/works/1177354054893962426
16作品のうち最も人気を集めた作品は……

なんと!
「パンダと風船」
「めんつゆ、コットン」
2作品が同率1位となりました……!

この作品集でいちばん最初に書いたものと、いちばん最近書いたもの。
それが両方選ばれるなんてと、何やら感慨深いです。

作品を読んで投票してくださった皆様、本当にありがとうございました。
「自分はこれに入れたよ~」「ベスト4に入ってなかったけどこれが自分のお気に入り」などなど、いつでもなんでも教えていただけると嬉しいです。

アンケートの結果は今後の執筆の参考にさせていただきます。
今回、さわやかな読後感(たぶん)のものと、疲労のにじむ情愛系と、どちらもご支持いただけるらしいぞ…? という分析結果を得たのですが、いかがでしょうか。
砂村かいり、このような方向性で、大丈夫でしょうか。
もちろんこれにとらわれすぎず、これからも様々なテイストの作品に挑戦してまいります。

これからも『砂とピアスの降る庭』をよろしくお願いいたします。



今日は緊急アラートで目覚め、最大警戒レベルの警報が出ていることを知りました。
テレビをつけると近所の河川が氾濫している様子が繰り返し流されていました。よく行くスーパーもよく使う散歩道も、膝の高さまで浸水とな。
市内2/3に避難指示が出たけれど、幸いにして1/3の地域だったのと、集合住宅の上階のほうであるのとで比較的焦りはなく、食糧があってよかったね……などと夫と話していました。

そうしているところに、熱海のあの土砂災害のニュース。
結婚前にふたりで訪れた高台の神社から見た景色が、残酷なまでに真っ黒な土石流に押し流されて壊滅状態になってゆきました。

こんなとき、少し前までは「ああ、『他人の痛みに思いを馳せる優しくて繊細で感傷的なわたしを見て!』って思ってる、と思われないかな……」と考えすぎてしまっていたのですが。
今はそのフェーズを越えました。

痛ましい事件や事故、災害や世界の危機に寄せる思いをつぶやくことの何がいけないのか。
被害者、被災者に同調することのなにが悪いのか。
また少ししたら、さらに半周くらい回って考えて何も言えなくなるかもしれないけれど。

祈らないよりましだよ。たとえ無力な祈りでも。だって人間だし。人間と動物の違いって、祈るか祈らないかじゃないでしょうか。
安全な場所でぬくぬくと自分のことだけ考えていられない。
行方不明者の方々のご無事と、被災地の一日も早い復興をお祈りしております。