『退屈おババの、刺激求めて山手線!』
https://kakuyomu.jp/my/works/1177354054896256625
では、皆様からのエピソードを募集しています。

電車内や駅周辺で遭遇した出来事や知人友人から聞いた話などがありましたら、ぜひ教えてください。

頂いたエピソードは、『退屈おババの、刺激求めて山手線!』で紹介します。

たくさんのご応募をお待ちしています(^-^)

4件のコメント

  • 私が中学一年生のときのことです。当時、訳あって電車通学をしておりました。通学時間帯なので、電車の中はその沿線に通う学生達がたくさんいました。
    「某女子校の生徒に痴漢をすると、持っているマチ針で手を刺されるぞ」と社会科の教師に言われていたので、この人たちはみんな『針』を持っているんだ、まるで必殺仕事人みたいだ、などと勝手に畏怖していました。今思えば、この教師はこの某女子校生徒に痴漢をしたことがあるのかもしれません。
    ある日いつものように電車通学していると、私のお尻に誰かの手が当たっていました。まあ、満員ですからこういうこともあるだろうと思いました。しかし一向に私の尻から離れる気配がありません。それどころか、しばらくするとその手がモゾモゾと動き始めたのです。
    これが世に言う痴漢なのか?と思って振り向くと、そこにはあの某女子校の生徒がいました。私はどうしていいのか分からず、その痴女が降りるまで触られ続けました。お浜さん、この女子校生に“喝”を入れてください。

  • 紫李鳥さんにお任せします。(^_−)−☆
    どんどん脚色してください。(*^^*)

  • コメント失礼します。

    書き直さなくていいですよm(_ _)m

  • わざわざ書き直していただき、ありがとうございましたm(_ _)m

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン