カクヨムコンと繁忙期が重なります。沙漠未来です。

カクヨムコン4向け新作として投稿しましたNiLMaNa-ニルマナ-ですが、無事完結致しました!

https://kakuyomu.jp/works/1177354054886668133

絶対に書き終えてから投稿する!と思っていたら全く書き終わらなくて、結局ぎりぎりの投稿になってしまいました。(参加する意味がほとんどなくなってしまった件)

最終話も3日の夕方に書き終える始末でした。

それでも多くの人が読んで下さり嬉しい限りです。本当にありがとうございます。

あ、あと異世界ぼっちも★1000突破しました。ついに4桁ですありがとうございます!






さて、以下からネタバレを含むあとがき。





まず謝罪します。続きありそうな感じですがあれで終わりです。
これに関しては私の実力不足です。うまくまとめられなかったよ。

さて、ニルマナは簡単に言えば「災厄と戦う冒険者の話」でした。
始まりは「最近は追放系が流行ってるのか。俺も書くかな」といったノリで始めました。ただ自分が追放系を読んだことがないので、読者様の想像してたものとだいぶ違ったと思います。基本自分が楽しく書ければオッケー寄りなので、ごめんなさい。

そんなわけで、狐の亜人の奴隷を買うぼっちの話という、どっかで聞いた事のあるシチュエーションで始まった物語でしたが、「街から冒険へ旅立つまで」と思って書いていたので想定通りの結末を迎えられました。

またエピローグでカイロスが登場したのは、異次元にバルバットと消えたあとの話です。つまり彼はなんとか勝利を手にし、あの世界でシグロくんを授かったということですね。なのでぼっちとは全く違う世界のお話です。
本当はぼっちの短編として描く予定でしたが、この形の方がいいと思いエピローグに変更しました。ぼっちでは今後もうカイロスのお話は書かないと思います。

なので、シグロくんが次元魔術なんてよくわからんものを使っていたのは、そこら辺が起因しています。

もし今後お話が続くなら、そういう深い部分もかけるのでしょうが、予定は特にありません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

当分はカクヨムダンジョンを進めたいな(願望)

2件のコメント

  •  時間の都合上、約一週間越しにこのあとがきに気付きました。
     このうみさき、一生の不覚!

     本編の最後なのですが、たしかに若干打ち切りENDのように感じました、ですが物語にはそういうエンディングも珍しくないので気にする部分ではないと思います。
     物語の序盤の追放部分が慣れてない感じが見られたのは読んでなかったからなんですね。こういっては何ですが追放系は理不尽なものが多いので参考にはならなかったと思いますよ。むしろそこらの追放系より出来が良いかと思います。

     それにしても貴方様の書く作品の世界観は素晴らしいの一言なのにすぐ終わってしまわれる。悲しみ。

     ここだけの話、実はと言いますと、本編でカイロス・ネメアの名前が出てきた時に、私は「へー、主人公の父親か」とか「誰?」という風に完全にド忘れしてました。このあとがきで、「ツムギ君に魔法をぶっ放した人だ! 名前忘れてた!」となり、割と失礼な思い出し方をしました。
     言い訳をいたしますと完全に忘れてたわけではないのです。只々名前を忘れて「ツムギ君に魔法をぶっ放した人」で脳内保管をしていただけなのです。

  • >>うみさき ろうわ様
    コメントありがとうございます!
    本編でも感想ありがとうございました!
    私も多忙な時期だったためお返事を書く余裕が作れる放置する形になってしまい申し訳ないです。頂いた感想は今後の執筆でも参考にしていきたいと思います。

    物語の終わりというものの難しさを痛感致しました。読後感が良くなるよう高めていきたいです……。

    追放系に関しては明確に追放系は読んだことがないので、結局のところ強いのにはぶられた系主人公の形に収まりました。そういうのならいくつか読んでいたので。追放の真骨頂は、一度離れたからこそ真の実力が見えて評価されていくという成り上がりに近いカタルシスだと思っていたのですが、難しいですね。

    前作に続きご評価いただき大変嬉しく思います。自分がエモいと思う世界を他の方と共有できるのは楽しいですね。
    ニルマナはカクヨムコンに参加を最優先だったので、他に開催されるコンテスト次第で続きを書こうかなとも思っています。
    現在は毎日更新が難しいので、コンテストという明確な終着点がないとなかなか書けないですね……。

    エピローグは前作ファン向けと言うか、本当は短編でぼっちに投稿する予定だった内容でした。どうも書ききれないなと思い、あの形に収まりました。
    そうですぶっ放した人ですね(笑) あとユニコーンに蹴られて気絶もしてましたね……懐かしい。
    実際カイロスはそんなに目立った人ではなかったので、忘れてて当然って感じです。
    シグロくんの「ミドガルズオルム」は「ミッドガルド・パルサー」の改良版した。

    長くなりましたが、感想、レビューいただき本当にありがとうございました。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン