さて、最近、カクヨムでの活動が滞っていました。ネットでの詩の投稿掲示板や私事が忙しく手が止まっていました。詩のカテゴリがもっと盛り上がって欲しい、と思うんだけど、同志と思っていた小林素顔氏も姿を消され、何か動く気力が無くなっていました。とはいえ、カクヨムという土台は縦書きも出来て詩を書く人には受けも良いと思う。小説を読む人なんかが短編を読むような感じで散文詩などを読んでくれたら読者が増えないかな?と思う。ただ私は散文詩が苦手なので良い書き手さんをスコップしたりネット詩からカクヨムに投稿しませんか?というスカウトでもいいと考えている。

3件のコメント

  • いつもお世話になっております。
    こんなところで尋ねることではないのかもしれませんが、小林さんのことでご事情とかご存知だったりしますでしょうか?
    ずいぶん前から先方のアカウントが消えてしまっているのに気づいてはいたのですが、どうすればいいのかわからなくて……他人が干渉することではないのかもしれませんが……

  • 忠臣蔵 様
    こんばんは、お尋ねの件ですがぼくも詳細がわからないのです。ツイッターで次回のカクヨムでのイベントを相談していた翌日にはツイッター及びカクヨムのアカウントが消えていた次第です。ぼくも気にしています。

    もしかしたらこのアカウント、素顔さんかなぁ、と思う詩集botアカがあるのですが……話しかけるわけにいかないですしね。彼の詩は好きですが、まずは元気でいてくれたらいいのですが。お役に立てず申し訳ない。

  • お世話になっております。
    企画の件ですが、とりあえず自分なりにページをこしらえてみましたので、ご笑覧いただけますと幸いです。https://kakuyomu.jp/works/1177354054892605163
    時間がかかってしまい申し訳ありません。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン