わたしだわ。

 その。謙遜とかじゃなくてね。わたしは、こんなにカワイクなかったぞーう。

 その時、わたしはなぜか。



――ひいお祖父ちゃんが言っていた「輪廻(りんね)」という言葉を思い出した。



 次の世界の。どこかの世界のわたし、か。

 まあ。考えるのは後にしておくわ。

---


 相羽です。

 連載をしております、長編小説、



 『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』



 本日(23日)は、



 第三十二章「全員分の船」



 を更新です。

 願い事は、一つだけ。

 この宇宙に全員分の居場所を。

 神話を攻略するために、少女はウィットの糸を編みます。

 完結まで、補遺的な部分などをのぞくとあと一章(今週金曜日更新分の最終章&エピローグ)です。

 ラスボス戦。熱さを出しつつ、主人公の知力、これまでの物語のピースがカチリとハマる感じを出せたのではないかと思っております。



「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」

https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomu_web_novel_004



 にも参加しております。

 本日は、コンテストの週間ランキング「異世界ファンタジー」部門の393位にランクインしておりました。

 ありがとうございます。

 月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新となっております。読んでやって頂けたら喜びます(一月末で完結となります)。↓



●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558



 「応援する」「コメント」「フォロー」などなどもしてやって頂けたらたいへん喜びます。

 よろしくです~。