どこかに、幸せで笑っている人がいて。

 その分どこかで、痛みの中で消えていく人がいる。

---


 相羽です。

 連載をしております、長編小説、



 『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』



 本日(18日)は、



 第三部(最終部)序幕「銀髪の少年のプレリュード」



 を更新です。

 世界が崩壊する中で、ミティアは「どこかの誰か」のために祈ります。

 その時――。

 本作の着想を得てからこの場面に向かって書いていった……というような箇所ですね。

 完結まで、エピローグなどをのぞくとあと三章(来週更新の三回分)です。



「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」

https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomu_web_novel_004



 にも参加しております。

 本日は、コンテストの週間ランキング「異世界ファンタジー」部門の393位にランクインしておりました。

 ありがとうございます。

 月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新となっております。読んでやって頂けたら喜びます(一月末で完結となります)。↓



●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558



 「応援する」「コメント」「フォロー」などなどもしてやって頂けたらたいへん喜びます。

 よろしくです~。