光が、ちらつきはじめる。

 粉雪みたいに、瞬き始める。

---


 相羽です。

 連載をしております、長編小説、



 『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』



 本日(16日)は、



 第三十章「輪廻境界域・参~光の中へ」



 を更新です。


 日付が、変わったわ。

 雪明りが、クリスマス・イヴの仙台の街の片隅に満ちていく。

 奇跡は、あるんだわ。


 最終局面です。

 わりと、僕が書いてるS市(仙台市)小説シリーズ(『夢守教会』『妹の紋章』『非幸福者同盟』など)の秘密の一つが明らかになる章だったりもします。



「第4回カクヨムWeb小説コンテスト」

https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomu_web_novel_004



 にも参加しております。

 本日は、コンテストの週間ランキング「異世界ファンタジー」部門の388位にランクインしておりました。

 ありがとうございます。

 月、水、金に「カクヨム」さんで一章ずつ更新となっております。読んでやって頂けたら喜びます(一月末で完結となります)。↓



●『少女輪廻協奏曲 ノギクとヴェドラナの愛』

https://kakuyomu.jp/works/1177354054887332558



 「応援する」「コメント」「フォロー」などなどもしてやって頂けたらたいへん喜びます。

 よろしくです~。