プロット片手に見切り発車した「ネコばあさん」ですが、なんとか、完結までたどり着きました。


本当は最後の最後までなやんだのですが、「なんとなく、対処の糸口が見えてきた、かな」というエンディングになっています。
ユキノちゃんは、私が今まで書いたことのなかったタイプの子なので、書きながらとても心配していましたが、幸い読者の皆様に可愛がっていただきました。御礼申し上げます。

これからしばらくは読みに回るつもりです。楽しみにしています。