あ、いつもありがとうございます。ご無沙汰してます、私です。

コミュ障加速により、最近考えていることを一方通行で失礼します。ぴえん。

最近は企画に参加させていただいたりして、有難いことに立て続けにコメントやらレビューやらをお送りいただいておりますが、見ての通り無反応でございます。申し訳ないです。ごめんなさい。すみません。うす。

返さなければなあと思いはするものの、何分話を書くよりもかなり気を遣ってしまって、それならば最初から統一して反応しないほうが(自分の精神衛生上)良いのでは、というのが簡単なところでございます。

ひととかかわるってたいへんだ!

って気分です。

個人的に、作品を作る人、小説やドラマの筋を考えたり、それを表現する人って、中身が見えないほうがいいと思えるので、なるべく自分を出さないほうがいいかなあというところです。
「鬼滅の刃」の作者の性別とか、ミュージシャンや俳優の政治的発言とか、その中身の良し悪しというよりは、それにより世間がどんちゃんするのが本当にどうでもいいし面倒くさいなと考えてます。
なら自分はどこまでも不鮮明で不透明でいたいなと。別に私は有名じゃないし影響力もないですが、なんというかそういうところでもなく、なんでしょう。個人で居つつ個で居たくないというか。没個性人間なのでそのまま世間に没入していたいというか。
しかし顕示欲もあり、、、という中でネット小説でちやほやされるのがちょうどいいという感じですかね。



で。
解説をご所望の方々には本当に申し訳ないところなのですが、私は話を書き終えてしまうとそれを書いていた時のことを一切忘れてしまうレベルの健忘なので、「たぶん皆様の考えているところで問題ないですよ(*^_^*)」ってことでお願いします。
長編とかシリーズを書ける人ってすごいなあって思います。


って、これを書くだけでどんだけ時間かけてるんだ! ってところなのでこれにて。
言い訳書くくらいなら話書いて還元します。

今後も暇つぶしによろしければ、、
では。