タイトルのとおり、異世界ファンタジーの短編「竜の宝玉」が短編集になります。
新しい小説にするには短いので、まとめて短編集にするくらいがちょうどいいだろうと思いました。
今後、竜の宝玉では不定期に短編を投稿します。
一応、きり良く短編が一つ終わるまでは毎日更新するつもりです。

前作オーウィルが暗い話の上に続編ありきの構成だったので、お口直しにでも。
こっちは暗くなることもなく楽しめると……楽しめる……うーん、まあ読めると思います。
ネタを思いついて書き上げてからの更新になるので、短編が終わるごとに完結扱いで置いておきます。
いつネタが切れるか分からないので……。