※オーウィルのネタバレ注意

遅まきながら、明けましておめでとうございます。
四作目オーウィルは本日完結します。
重要な話は全部終わっていて、今日の更新はエピローグになるのですが、そこで分かるとおりに続編ありです。
いや、続編というよりは、最初に続編があって、そのための前日談としてオーウィルがある形です。
現在の形になる前の話も含めて、その辺は後語りにでも……。

まずは読んでくださった皆様に謝辞を。
ありがとうございます。
読む人を選ぶような暗いお話でしたが、それでもお付き合いいただいた方には感謝の一言です。
バトルものになると、どうしてもシリアスになるというか、そういう性分なもので……。

ここからは誤解されそうなことに関して一言二言。
Overhuman、O'wil、それに作者名もodanと何かと「O」に縁がありますが、偶然です。
意図したわけではなく、Oに思い入れがあるわけでも、Oが好きというわけでもないので、Oで揃ってしまったのか自分でも本当に不思議です。
それとOverhumanでもオーウィルでも寒冷化の設定がありますが、別に温暖化に否定的というわけではありません。
個人的に暗くて寒い方が終末っぽい雰囲気が出るかなと思っているだけです。
あとバッドエンドが好きというわけではありません。
ハッピーエンドの方が好きです。
前作と今作で暗い感じの話が続いたので、次は明るい話を書きます。
……たぶん。