こんにちはこんばんは秋月と申します。

金曜日の深夜に、SNSでとある作家様が呟いていた話から着想を得て、短編を一つ書きました。
「もう一度、君に。」
少し切ない話ですが、お時間があったら一度読んで頂けると嬉しいです。
これまで書いたことの無いタイプの作品になりました。
きっと10年くらい前だったら、書こうとも思わなかっただろう題材です。

そして、この作品が御剣ひかる様の日記的コラムに取り上げられました。
「書いたもの、読んだもの」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054886885429
(こちらは紹介頂いたページ↓)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054886885429/episodes/1177354054890376624

これまでにも何度か拙作を取り上げて頂いたことはあるのですが、毎回、直接応援コメントページに書かれる感想よりも、一つフィルターを余分に挟んで読むような、第三者の感想を聞いてる新鮮味があって嬉しいです。
いつもありがとうございます。

それにしても、拝読する度いつも御剣さんの読書ペースに驚かされます。
ご自身も作品を書かれているのに。
因みに私も拝読中の、新感覚魔法少女もの、とでも言うんでしょうか。
「どりぃむ☆IN☆ドリーム」オススメです。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887609022

御剣ひかる様マイページ
https://kakuyomu.jp/users/miturugihikaru

***

普段書かないタイプの作品と言うことで、初めて足跡を残してくださる方も多く、有り難いです。
読む物を沢山抱えているのであれこれ手を出しづらいですが、新しい出会いがあると、気になる作品も増えるわけで…。時間が欲しいですね。

「踵で刻むアフター・ビート」の続きも、引き続き鋭意制作中です。
投げ出したわけではありませんので、念の為。
今ひとつ筆が乗らないのですが、ちょっとずつ、書き進めておりますので、もう少しお時間をくださいませ。

それではまた。