連載中の小説「砂委員の街」の更新を、年内くらいの期間をめどに停止いたします。読んでくださっている方にはたいへん申し訳なく思いますが、書く楽しみと意義を見失ってしまい、ほとんど一字も書けなくなってしまいました。

 猫村のことだから、しばらくすれば元に戻るだろうと思うので、削除や非公開にはせずにこのままにしておきます。もしご興味のある方がいらっしゃったら、どうぞお読みください。更新が止まってる今なら追いつけますよん。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054893411426