「どこにもなかった風景、経験しなかった思い出」
いま6話まで更新しています。

本棚をあさる女
出番待ち
闇市
サラウンドの部屋
西洋人形
老齢の黒い雄猫

ヤマもオチも意味もない話ばかりですが、それなりに「読める」ようにスケッチしているつもりです。

相変わらずラノベやオンラインノベルの主要なニーズにはマッチしないと思うのですが、知ったことではありません・・・。

だれか、必要とされる方に発掘されるのを待っているかんじですね。
とりあえず。