非公開小説を11話まで読み返して嫌になった。あまりに酷いドブみたいな文章だったから。
最もダメなのは何度も読み返したハズなのに今頃気づいた事、これは書き手として致命的だろう。
読めば読むほどダメな部分が湧いてくる湧いてくる、これは最初からダメかもしれないと完全に自信を喪失。
底辺作家が本格的に自信を失ったらどうにもならん、己自身も納得させられないで作品を完成できるとは思えない。
ふぅ・・・
疲れた。