そんなものがあるなら手に入れなければいけない気がする。そうずっと考えていて。

2月くらいから、創作論を見ているのが辛くなり、創作物自体への興味が薄れていって。読むことも書くこともできなくなって、3月からは凍ったまま。
4月になんとか書評をと詠んでみたけれど、単発であとは続かず。持ち直すかなと思ったのに創作物を見ること、生み出すことに興味を持てず、7月になりました。

私はちゃんと書けるようになるのでしょうか。
私はちゃんと読めるようになるのでしょうか。
是だとしたらそれはいつですか。

いつか、時間がたてばやる気が出てくるだろうと思って離れてみたけど、半年近く経とうとしている今もなにかを読もうとは思えない。書こうとも思わない。
新しいパソコンを買えて環境が変わったなら、もしかしたらと思って画面に向かってみたけど、結局何も打てなくて。

以前、SNSで相談したとき、創作者の人々はたくさんの励ましの言葉とアドバイスをくれました。私のために心を尽くして言葉を送ってくれました。それは本当にありがたいことです。
でも、わかってはいたし向こうも知っていたと思うけど、結局は私の心が「やろう」と思わないとできないことで、それ以外に解決する方法はないんです。

そのやる気が出てこない。

やる気のない子どもをどうしたらやる気にさせられますか、って先生に相談する親御さんみたい。
それも義務や拘束力、あるいは興味をもってもらう取り組みが必要。私が私にたいしてそういった「働きかけ」をできるとは思えない。だって興味がないから。
義務感でパソコンの前に座っても、ぼんやりと画面を見つめて無駄な時間を過ごすだけでした。

創作をしなければ、戻らなければいけないと思っている。その焦りだけはある。
けど、創作をしたいとは思えない。
ならば離れればいいと思う。別に創作しなくても人生は楽しい。

他人を理由に脅迫すれば書けるだろうか。
未完の小説を待ってくれる人がいると。わかってる、でもだって書けないんだもの。

たぶん答えは堂々巡り、わかりきってる。「また創作したいと思える日が来るまで待つ」2月からわかりきっていた答え。
でも、それがいつまでたっても来ないから不安になる。それはいつ来るんだろうと。

誰か、わかる方がいたら教えてください。私が創作をやろうと思えるようになるのはいつですか? そうしたら私は、その日までとねがって待っていられる。

それは誰にもわからないと、わかってもいるのです。やる気がゼロならイチになるまでは待つしかないと。

あと何ヵ月、何年、もしかしたらもう二度と来ないのかもしれない。書きたいものも読みたいものも、創作することもどうでもいい今、私はいつまで待てばいいんだろう。

4件のコメント

  • こんばんは。

    創作しなければって考えてしまう時点で、悪循環に陥ってらっしゃるのかもしれません。
    ここは、一歩下がって考えてみてはいかがでしょうか?

    そもそも、創作は、それを仕事とされてるならともかく、趣味の範囲内であれば、文字通り、義務ではありません。
    義務で無ければ、別段、ご自身を追い立てて、無理矢理やる気を起こさせる必要もありません。
    先生の未完の小説も、待ってる方はいるかもしれませんし、いないかもしれません。

    とりあえずは、しばらく創作しなければって想いから逃げてみてはいかがでしょう?
    カクヨムのページも開かない。
    他に何か趣味があれば、それに取り組んでみる。
    そんな中で、自然にまた何か書きたくなったら、或いは読みたくなったら、取り組めば良いんじゃないでしょうか?

    かくいう私も、2018年2月から、今年の2月まで、2年間、カクヨム放置してました。
    その内、突然また書きたくなって、戻って来て今に至ります。

    色々生意気書いてますが、有澤いつき先生、こんな長文の近況ノート創作してる時点で、創作意欲ちゃんとあるのでは? と思ってしまったり^^;


    先生の悩みが、少しでも軽くなる事、お祈りしております。

  • コメントはお初でしたでしょうか
    黒猫屋と申します
    他の方が既におっしゃっているように、まずは休む、かと
    ホンや漫画、アニメなんかもいったん情報遮断
    しかる後に、何か読んだり観たくなったら、以前読んで面白かったものを
    それから気になっていたけど未読のものを
    途中何度も休んだり戻ったりしながら

    そうやってインプットを続けているうちに、「自分ならこう書くのに」という気持ちも出てくるのではないでしょうか

    無理にアウトプットを続けようとするのはツライと思います


    黒猫屋 拝

  • そんなに書きたいなら、待たなくていいからお書きなさい。

    (降ってくるタイプなのか筋肉で書くタイプなのか、書くスタイルは千差万別ですが)

    上記のコメにならそう回答するのですが、今日一日のツイッタ拝読させて頂いたうえで、こっちに返信いたします。


    意識するより無意識に(経験、本能、指向)答えが先に出ていることって多いですよね。再認識にはやたら時間がかかる。言葉を恐れず言えば、よくも悪くもブレていないんだと思います。ブラさないというか。短所は長所であり長所は短所でもある。

    しっかりしていて、さらにしっかりしようともしているいっちゃん様です。

    苦悩している姿も含めて「らしさ」だと思うんだ。

    どんなに時間がかかっても、いつでもここに(カクヨムじゃなくて創作界隈に)帰ってきていい。と、語る言葉のなかに創作や講評で魂を燃やしたい、消えない灯が見えたので、伝えたいと思いました。


    ※書いてない歴が長いと10年前とかが昨日くらいの感覚ですが。こうなっちゃ厄介なので焦るのも大事です、大事。焦ってうまくいく訳じゃないけど、書いてない間に成長するのは精神面で、技術は書きやめた所からスタートになるようで、ブランクはない方が幸せ。だと思った個人的な体感です。

  • 皆様の創作観、思想、信念、諸々を含んだ非常に貴重なご意見、本当にありがとうございました。個別にお返事せず、このような形にて失礼します。

    それぞれの言葉に、言葉に尽くせないこと言葉にしたいことがあります。賛同もあるし感謝もあるし反論もあります。けれど今、すべてを咀嚼してまっさらな状態で受容することは精神的に難しいので、時間をかけて何回も何回も読み返して、皆様の言葉を素直に呑み込めるようになるまで休みたいと思います。ありがとうございました。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン