そんな感じで。
 連載作『ワキヤくんの主役理論』第五章が完結いたしましたー。
 イエー。
 アドレスはこちら(https://kakuyomu.jp/works/1177354054882526026)なので、是非ご一読いただければ嬉しいです。
 よろしくお願いします。

 では、以下は恒例のちょっとしたあとがきのようなものです。
 よろしければ、いろいろコメントなど残していってくださいませー。










     ※


 ってな感じで第五章『文化祭編』でした。
 文化祭終わってないですけどね。終わんなかったなあ……あれえ?
 一章から基本的に叶→さなか→叶→さなか、という順で章メインになっていることはお察しかと思いますが、まあ順当に叶メイン章でした。
 いや、メインであることと出番そのものは比例してない気もしますが。

 まあ概ね、あらかじめ決まっていた着地点には到達できたかな、と。
 この『ワキヤくん』は、ほかの作品もお読みいただいた方ならわかるかもしれませんが、ぼくにしては珍しくほとんどノープロットで書き始めています。
 いやもちろん章ごとにある程度の道筋は立てていますけれど。
 それでもまあ、二章くらいかな。の、ときにとりあえず決めた《点》には至れました。
 つまり、それがラストのあの屋上でのシーンなわけですが。

 なにせ未那も叶も、特に叶は、それはもうものすっごい面倒臭い人間で御座いますから、「ねえマジこいつら何言ってんの?」って思われる方も多いかなあ、と思って書き始めたシリーズなんですが。
 それでも、まあここまで来れば逆に「ああ、こいつらなら、こうなるよなあ」っていう納得のほうが多いのではないかと思います。といいな。
 結構、そらそうなるよな、と思っていた方も多いのではないかと。

 実際、割と詰みセーブ感のある章でした。
 だけど翻って、んじゃ自分が未那の、叶の立場になったときに、本当に彼らより上手く立ち回れるのか? 相手を想ったとき、その想いに未那や叶、あるいは、さなか、秋良ほど真摯であれるのか?
 そう考えると――まあ、無理かなあ、って思いますね。
 いろいろあるけど、責められねえよなあって。こいつらに偉そうなこと言えるほど、自分が上手くやれるとは、まあ思えない。

 ――そもそもこんな状況にならない?
 それは、まあ、……そうですね。それはそう。うん。
 やっぱ面倒臭ぇわコイツら。

 いい奴らだと思います。
 いい奴しかいねえからこうなったとも思いますが。不器用だねえ。
 まあ、そんな奴らをこんな目に遭わせているということで、作者がものすごい責められた気はしますが……違うよ、ぼく悪くないよ……。

 こんな話になると思ってなかったよマジで。

 キャラが勝手に動く、なんてのは創作でよく聞く言説ですが、その意味で言うならこの作品の登場人物たちは最たるものです。
 どうしたってほかの行動を選ばねえんだもの。
 作者の都合で人物は曲げられない。――みたいな、まあそういう意味で非常に「お前ら頼むからもっと気楽に生きてくれよ……」と思いました。
 しあわせになってほしい。
 本当に。

 ともあれまあ、そんなところで。
 とりあえずは次回の幕間で、再びお会いしましょう。
 詳しい情報なんかはツイッターのほうをチェックしてみてください。



 それでは。