人形兵器を題材にした短編の長編化を目論んでいたり、死ねば遺体が残らず灰になる灰の民(主人公)と黒き民の王(ヒロイン)の融合から始まるダークファンタジーの書き出しを書いていたら、隻眼のウォーロードの更新が遅れました。

基本的には書き溜めるようにしていたけど、今週は体調の悪化があり余り書けなかったのです。
遅れは取り返さないといけないので、そのうち連日更新の日が出てくるかと思います。

それにしても、王様の耳はロバの耳と言わないと手が震えて仕事にならない床屋の気持ちが少しわかります。
エッセイか何かで時々叫んでおいた方が良いのかも知れませんね、誰に読まれずとも。
いや、なろうの日間ランキング上位を参考に作品を書いたけど、中身を真似なかったので全く伸びなかった話とかですけど。

そんなことしている暇があったら隻眼のウォーロード進めないとなぁ。
まったく戦争に至っていないじゃないか、戦記物なのに!
下積み時代もしっかり書かないと説得力に欠けるとか思ってしまうんだけど、テンポは明らかに悪くなるなぁ。
下積みも面白おかしく書けてこそなんだろうけれど……。