えー……
皆さん、お久しぶりです。
あっ、石を投げないで!石を投げないで!

いやぁ「恋懸け少女」が見事にエタってしまい、町に出れば石持て追われ…(←誰もしてねーよ、ンなこたぁ)皆さんに会わせる顔がなくて、同志のワナビ達が次々とデビューするのを見て地団駄踏んでる日々を送っておりましたが、ようやく新作が発表出来そうな目処がつきました。

とはいってもカタツムリみたいな遅筆なもので、ほんのちょっと書き溜めた頃に、ワナビ達のお祭りことカクヨムコン4の開催が発表されてました。

「カドカワはオレ様が書き上がるのを待ってくれないのかー!なんて無情な出版社だ!」とか、カドカワ社長が聞いたら「いや、何で底辺ワナビが一人書き上がるのをわざわざ待ってあげなきゃいけねーんだよ」とツッコみが入りそうな勝手な文句をホザきながらオレ様ため息をついてたんですが。
がががががががが。

さるお方が「オレは持てる力を尽くしてカクヨムコンに参戦するッ!(ドン!)」と熱い宣言を上げ、カッコええなぁと眺めていたら「かじぃさんも参戦するだろ!」
「ええっ!?」
しかし、熱気に盛り上がったこの雰囲気の中で「いや、オレ様はまだ参加出来るかどうか……」なんてとても言えない!
で、勢い余って「よし、オレ様もやるぞ!」「おおっ!」「お互い頑張りましょう!」「おおおーーーっ!」

あーあ。
そんなこんなのトホホな成り行きではありますが(笑)「恋懸け少女」を練り直してプロットをあげたばかりの「小さな希望を紡ぐ姫と鋼鉄の王虎を駆る勇者」でオレ様も参戦することになりました。

1月末までに書き上げて読者選考に残れるかどうか……皆さんに応援をお願いする次第です。
デブオタのように緻密に構成された内容ではありませんが、それでも同じ「弱い者を思いやる」視線で描いた今回の作品が、皆さんに共感をいただけるように精一杯頑張りますので、どうかよろしくお願いいたします。


ニセ梶原康弘