現在連載中の「A-LIVE」ですが、久々の執筆ということもあって、
最近はクオリティの低さにも目が向くようになってきました。

言うなれば、物語に質感が足りていない。

質感が何を指すかというと、描写における多様性。
具体的に何かというと、それは創作論の話になるので省かせてもらいます。

※創作論はそれなりに名が売れてからでないと説得力もないですし。

ただ、本作が書き上がり次第更新するというスタイルであるので、
そこは仕方のない部分なのだろうか。

もし、全編加筆修正をする時が来たなら、
そのタイミングで質感を追加するかもしれませんが。

あとは、心置きなく執筆に専念できる環境がほしい。