5章(前)16話(没)
――――――――――――――――――――――――

「あなた、馬鹿じゃないの!? この状況で『構わない』って、犯人扱いされても仕方ないわよ!」

 人だかりをかき分けて、私はずんずんとリディアーヌに向けて歩み寄る。
 周囲の視線が一斉にこちらを向くけれど、気にしてはいられない。
 だいたい、もう声を上げてしまったからには、いくら気にしたって手遅れなのだ。

「きちんと否定しなさいよ! さっきから言葉が足りないのよ! 穢れを生み出してないんでしょう!?」
「エレノア……!?」

 割り込んでくる私に顔を向け、リディアーヌが驚いたように目を見開く。
 だけどその表情は一瞬だ。
 すぐに、元の取り澄ました表情に戻ってしまう。

「なんの用かしら。いきなり話に割って入って馬鹿だのなんだの。失礼ではなくって?」

 相変わらずのツンツンである。
 突き放すような口ぶりに思わず足が止まるが、リディアーヌは気にしない。
 例によって悪役めいた態度で、ふん、と鼻を鳴らすだけだ。

「この話はあなたには関係なくってよ。……ああ、いえ、あなたはアマルダ・リージュと仲良しだったわね。それなら、わたくしを馬鹿にするのも納得だわ」
「誰が仲良しよ!?」

 リディアーヌの言葉に、私は大慌てで首を横に振った。
 冗談じゃない!

「そんなこと言った覚えはないわ! むしろそっちこそ、アマルダと仲が良かったんじゃないの!? 親友なんでしょう!?」
「なんのこと? アマルダ・リージュと親友なのはあなたの方でしょう。彼女の口からも、実際に何度か聞いたわ。『ノアちゃんは幼馴染の親友なのよ』って」
「はああ!? じゃあ、リディとアマルダが親友って噂はなんなのよ!!」

 アマルダとリディアーヌは、神殿では誰もが知る親友同士。
 他の聖女がうらやみ、神官たちが讃える雲の上の二人――なんて噂はなんだというのか。
 思わずそう、声を荒げてしまったとき――。

「やめて! 二人とも、私のために争わないで!!」

 割って入るのは、例によって『親友』のアマルダだった。

 ――なにが『私のために』よ!!

 自分が元凶のくせに、なーに言ってるんだか!
 けっ!


――――――――――――――――――――――――
供養ここまで。
楽しく書いていたのですが、このすぐ後の展開と矛盾することに気付いたので没。
書いてから気付くな(憤怒)