だんだん当初書きたいと思っていたことが書けるようになってきて、たのしいです(小並)。

PVは多くないのですが、それでも読んでくださる方がおり、本当にありがたいです。
始まった当初なんてPV0が何日も続いていたわけですから大した進歩です。

えぐいシーンも増えました。ここはちょっと書いていて辛かった。もしかしたら不快に思われた方もいるかもしれないと思ってます。
シーンそのものが目的なのではなくて、今後を書くにあたり必要だったのです。

この物語には私が書きたいと思っていたことが多く入っています。
先はまだ長いのですが、完結に向けて黙々と進めていきます。

よろしければお付き合いください。