タイトルの通り、頓挫することなく話が終われました。
 約半年の期間が掛かりました。不定期の更新で途中、完結が危ぶまれました。
 なんとか、1月1日に書き終り、なんとなくお目出度い気分になりました。
 作品は私の手から離れ、読者の皆様へと大きく羽ばたいてくれればいいなぁ、という気分です。

 翠子さんの続きは頭の中にあります。まだまだ登場させていない妖怪がいます。茨木童子です。酒呑童子と少しキャラクターが被ると思い、書けませんでした。
 意外と知られていて強敵に思える小豆洗いの出番もありませんでした。ちょこっと考えはしたのですが。

 あと、西洋の悪魔や魔女が出せませんでした。舞台を変えて登場させたいという思いがあります。
 あと1話に登場する青年。中に宇宙人がいてそちらが本体になります。そこから話を飛躍させて舞台は宇宙へと。
 あまりに壮大な話になりそうだったので思考を停止しました。うん、そこまでの話はちょっと……。
 個人的にお気に入りのキャラクターなので、そこら辺りのエピソードを綴ってもいいかもしれません。

 長々と書いてきましたが、カクヨム5用の翠子さんは完結しました。少しほっとした私です。