タイトルにもありますように、突然、目が覚めて思い付きました。
 前回、最終選考で見事に落選した『カエルとメダカの微妙な関係』の短編を今回のカクヨムコンテストにも参加させよう、と。

 どうしてそのように思ったのか。これもまた、たまたまなのですが、前日に少し前の自分を振り返りたくなりまして。自作の短編小説に目を通していました。
 例の短編小説で目が止まりました。今月のPVがゼロではない!? 読まれていたことに作者の私が驚きました。

 ツイッターは利用していません。どこかで宣伝することもなく、私の中では終わったものとして作品は埋葬されていました。
 でも、生きていました。読まれることでひっそりと生き長らえていました。

 それなら堂々と復活させよう、と単純に思った次第です。また墓地送りになるかもしれませんが、少し足掻いてみます。
 以前に書いた近況ノート、「これを出す?」では使い回しはできないと書き込んでいて、かなり恥ずかしいのですが(大汗)。

 ポチッと参加してから二度寝します。