標題の拙著について、ここ数日で数多くの閲覧および評価をいただき、また、初のレビューもいただきました。正直、とても嬉しいです。何より、多くの人が長い物語を最後まで読んでくださったことがありがたく、大きな力をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。これからもドッペルを宜しくお願いします!