どうもこんばんは、気温の変化に身体がついていけていない陽澄すずめです。
 これ以上に寒くなったら「冬眠したい」以外の感情を失う予定です。

 さて、来たる11月23日(祝)、東京流通センターにて『文学フリマ東京』が開催されます。
 そこで頒布されるアンソロジーに、書き下ろし短編を寄稿いたしました。

【エ-11】サークル『菖蒲ノ庭』さま
 百百百百さん(https://kakuyomu.jp/users/forbidden_fruit)主催
 『動くまたは動かないアンソロジー 動くのか、動かないのか、それが問題だ。』

 参加者それぞれが『動く』『動かない』どちらかのテーマを選択して執筆・寄稿した、個性豊かな短編アンソロジーです。
 私は『動く』テーマにて、『終末のラッパは鳴りやまない』という作品を書きました。
 コロナ禍に似たウイルスパンデミックの中、出歩く人のいなくなった街を原チャリで駆け回る、フードデリバリーのバイトの若者が主人公のお話です。

 百百百百さんに表紙の画像をお借りしたので、添付します。
 見てください、この超おしゃれな装丁!
 それから豪華すぎる執筆陣!
 (正直、掲載順を知った時は震えました。プロ作家さんお二人の直後に私……笑)

 どの作品も非常に面白く、大変読み応えのあるアンソロジーになっています。これは買うしかないっ!

 当日、ブースには黄間友香さん(https://kakuyomu.jp/users/kimatomokao)と鉈手ココさん(https://kakuyomu.jp/users/natadeco2)がいらっしゃいます。
 私は遠方のため行けませんが、お出かけ予定の方はぜひお立ち寄りください。

 BOOTHに通販もありますので、欲しいけど行けないという方もぜひ!

 ではでは、よろしくお願いします!