本日、2017年3月6日をもちまして、「スコップ1つで異世界征服」が完結しました。拙作にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

ブクマ、評価、応援してくださったこと、大変嬉しく思います。
特に毎日投稿するたびに応援していただいた前田薫さんは、私の精神的支柱になりました。

こうして毎日執筆することができたのも、前田薫さんのおかげと言っても過言ではありません。本当にありがとうございました!

 上達しない筆力に懊悩しながらがむしゃらに書いてきましたが、やはり、プロットを練らずに書き始めたことは失敗だったと思いました。

私は物語を思いついたら「とりあえず書いたろ!」

という短絡的な考えなので、帰宅してから毎日ストーリー展開を考えつつ執筆するのはなかなかしんどい......。
そんで、気がついたら物語がめちゃめちゃダークになってましたね。

書いている途中で「あれ。みんな過去が悲惨すぎるのでは?」
とか思いながら次の話を考えると、自然、重い話になるんですなあこれが。

 ちなみに、最終話は適当じゃあないですよ。やけくそでやめたとかではなく、開いて終わるのがいいかなと思ったのでああしました。
印象に残る方を選んだわけです。ハッピーエンドも一応考えはしましたが、う〜ん......なんか違うわ、これ笑

 あと、辞書は手放せません。もはや読み物ですわ。
 しかしみなさんの筆力が高すぎる。
物凄く努力してるんだろうなと常々思っとります。

 まずはプロットを書こう。十万文字以上書いて、しっかりと推敲してから連載を始めよう。というのが今回、長編を連載して学んだことでした! (あと話のテンポが悪い)
まだたくさんあるけれど、ひとつひとつ書いてもしゃあないのでやめます。

 作中で主人公たちが偉そうに言ってましたが、個人的思想をキャラクターに代弁させたわけではないので、不快に思われた方は申し訳ありませんでした。

また偉そうなこと言うとったら「なんやこいつ」と思って読み飛ばしてください笑

 執筆はこの命燃え尽きるまで続けていくので、これからも宜しくお願い致します。
次のカクヨムコンテストには応募したいですな!
長文失礼しました。

6件のコメント

  • こんにちは。前田薫です。

    いえいえ、こちらこそありがとうございます。
    葦元狐雪さんの勉強する姿勢は私も見習うべきですね。

    >「あれ。みんな過去が悲惨すぎるのでは?」
    それはちょっと思いました(笑)

    プロットも書いているうちに変更したいところが出てくるものですから、執筆途中でも何度も見直したほうがいいですよ。
    あと意気込んでプロットを書いていたら細かすぎてよくわかんなくなることもあるので簡潔に書くことに注意したほうが良いかもですね。

    テンポは緩急と言い換えてもいいかもしれません。
    さっと書き流すところとしっかりと書きこむところを分けるとテンポが良くなるかな?

    偉そうなことを言いましたが、これからも応援しています。
    がんばってください。

  • はじめまして!
    こちら魔界生物研究所読みました。
    連作短編のスタイル、読みやすい文章、かわいいアンリカのキャラクター、それからそれからと魅力たっぷりの物語でした。
    とても面白い作品で、せっせとレビューを書いてこちらにもお邪魔させていただきました。
    実は私も、同じように決まりきった展開で話をすすめていく物語を書いていて、きっと同じように楽しみ、苦労しているんだろうなぁ、などと勝手に思い馴れ馴れしくもコメントさせていただきました。
    というこで今後ともよろしくお願いいたします!
    ではまた!

  • こんばんは!
    ノートに書き込みありがとうございます!
    魔界生物~すごく面白かったです。スコップ一つが連載終了の所にあったのをみつけ、まずは中編からと思って読み始めたのが魔界生物~でした。
    これがまた見事に面白く、読みやすく、楽しくで一気にレビューまで行きました。
    ちなみに私の作品で上で語っていたのは「モノノ怪クリニック」です。
    なにか仲間の匂いがしました!
    ということで、私の作品はお時間空いたときに、お気軽に読んでいただければと。
    というこでお互い楽しい作品を書いていきましょう!
    ではまた!

  • こんばんは!
    この度は私の作品読んでいただき、さらに嬉しいレビューを寄せていただきありがとうございました。読んでいただいただけでも嬉しいのに、こうして言葉を届けてもらえてとても感謝しております!
    葦元さんの魔界生物~もお約束展開の上でのストーリーということで、とても好みの物語です。続きを楽しみにしております。
    ということで手短で恐縮ですが、執筆頑張ってください!
    お互い楽しい作品を書いていきましょう!
    ではまた!

  • こんばんは。
    ノートにコメントありがとうございます。
    実は私もモノノ怪で初めてああいうタイプの小説にチャレンジしたのです。いわゆるワンパターンのお約束展開小説ですね。でも続けてみると結構いい物語なんかも生まれて、また約束事を守るために普段使わない思考パターン使ったりして、結構楽しく執筆できました。
    魔界生物~も同じ系統と思いまして、なんともうれしくなったわけです。
    このタイプの小説も続けてみるといろいろと学ぶところがあるなぁと。
    ということで続きを楽しみにしております。
    ではまた!

  • 初めまして、神木清隆と申します。
    近況ノートへのコメントありがとうございます。お勧めの、これぞ、という作品がありましたら、ぜひ読んでみたいです。

    お時間あれば、拙著『生きる悲哀と臨床家』、を読んでの感想をいただきたいです。

    今後とも宜しくお願い致します。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン